抜根や草取りをして庭を綺麗にしよう~剪定を行なう時期~

庭の手入れを放置しない~業者に依頼するタイミング~

草取り

剪定や草取りを行なう際に、時期など意識したことがないという人もいることでしょう。剪定や草取りを行なう場合は、時期を知ることで効率的に作業をすることができるようになります。場合によっては、自分で作業するのではなく、業者へ任せるなどして対処しましょう。

依頼した方が良い時期

剪定の場合
剪定を依頼する時期は、針葉樹の場合は4月~5月が良いでしょう。落葉樹であれば11月中旬~2月です。剪定を行なう時期は木の種類によって異なります。常緑樹であれば、5月~6月に剪定を行なうのが良いです。木の成育のサイクルに合わせて剪定を行なうのは大切なことです。自分の庭に植えてある木を見て、まずどんな種類か知ることから始めてみましょう。
草取りを行なう時期は
草取りに最適な時期があるのをご存知でしょうか。草取りを行なうのに最も良いとされている時期は冬です。なぜ、冬に行なうと良いのかといいますと、冬になると草の成長が遅くなるので、手入れが楽になるのです。しかし、草取りを寒い冬にやるのは辛いです。こういう時は、業者に草取りや草刈りの依頼をすれば楽です。
庭木の伐採後は抜根
庭木が邪魔に感じ始めたら、庭木の伐採を考えることでしょう。庭木の伐採をするタイミングは、庭木が不要だと感じた時といえます。庭木を少なくして風通しを良くしたいなどといった場合は、思い切って伐採してしまいましょう。伐採後は、抜根も忘れずに行なうようしてください。抜根しなければ、木がまた成長していき邪魔になることがあります。

業者選びに気を付けたいこと

業者選びをする時は、まずは作業実績を調べることが大切です。草取りや抜根、剪定などの作業をどの程度こなしてきたのかを知ることができれば、良い業者選びがしやすくなります。自宅の庭に植えた庭木を長年放置しているという場合は、良い業者に依頼して伐採してもらうのが一番手っ取り早い方法です。ネットを使えば、業者の従業員数や実績も見られるので積極的にネットを活用していきましょう。

TOPボタン